テクノウェイブの悪い評判|交通費と残業代は全額支給だが時給は低め

テクノウェイブ は、人材派遣や受託開発するIT企業が運営するエンジニア専門の派遣会社です。

大手派遣会社ではないので会社の規模は小さいが、取引先の企業は500社以上と人材派遣で20年以上の実績があります。

テクノウェイブ は、派遣会社では珍しく交通費が全額支給、社会保障完備、良心的なマージン率でエンジニアに還元してくれます。

残業代は全額支給されるので、業界経験が浅いエンジニアでもガッツリと稼げます。

ただし扱う案件数は420件と少なく、2000円を超える高時給の案件が少ないのが難点です。

ここでは、テクノウェイブ  を利用する上でのデメリットやメリットを紹介します。

テクノウェイブ の特徴
  1. IT企業が運営するエンジニア専門の派遣会社で、案件数は420件と少ない
  2. 無料でオンライン学習(プログラミング、マーケティング、語学)が受講できる
  3. 良心的なマージン率26.6%で、交通費や残業代は全額支給される
  4. 派遣会社では珍しく、社会保障(健康保険、介護保険、厚生年金)を完備してる

「テクノウェイブ」の悪い評判・デメリットは?

テクノウェイブ を利用する上での注意点は3つあります。

まだまだ名度が低い派遣会社で扱う案件数が少ないこと、業界経験が浅いSEも利用できるが時給は高くないこと、それから関東、関西、名古屋以外に扱う案件がないことです。

デメリット1:紹介される案件の数が少ない

テクノウェイブ は案件数が少なく420件(2018年9月)しかありません。

大手転職サイトDODAが運営する「パーソナルテクノロジースタッフ」は3800件あるので、扱う求人数はかなり少ないことがわかります。

派遣会社にも関わらず扱う案件の数が少ないのは、運営元のテクノウェイブ会社がエンジニアを100人ほど抱えるIT企業だからです。人材派遣や受託開発してるIT企業が、派遣登録会社も同時に運営しています。そのため、紹介してくれる案件の多くはテクノウェイブ の取引先企業です。

求人数が少ないのもデメリットですが、サイトの求人をチェックしても情報量が少ないのも難点です。必要最低限の情報しかないので判断できないですね。不親切なので改善して欲しいですね。

デメリット2:未経験でも利用できるが時間給は低い

参考:https://派遣会社ch.com/rep.php?review_id=3850

テクノウェイブ は、積極的に業界経験が少ない若手エンジニアをサポートしています。オンライン学習を設けるなど、エンジニアがスキルアップできる環境を提供しています。

ただし、紹介される案件の時給が高くないのは難点です。残業代全額支給は有り難いが、時給は2000円を超えれば良い方です。

デメリット3:関東、関西、名古屋以外の求人はない

サイトで求人検索すると、都道府県ごとに勤務地が選べます。

しかし、実際に検索しても関東、関西、名古屋以外ではヒットしません。求人がない勤務地は、選択肢から外した方がユーザビリティを改善できますよね。

「テクノウェイブ」の良い評判・メリットは?

テクノウェイブ を利用する利点は4つあります。

時間給は高くはないが、交通費が全額支給され良心的なマージン率であること、会員登録するだけでオンラインのプログラミング学習が使い放題になること、社会保障が完備されていること、それから営業担当のフォローが少なく使いやすことです。

メリット1:良心的なマージン率26.6%、交通費は全額支給

2012年に派遣法の改正で派遣会社のマージン率公開が義務付けられました。

ソフトウェア開発の派遣の平均マージン率は40%です(株式会社リツアン)。テクノウェイブ のマージン率は26.6%、業界平均と比較して13.4%も低いのが特徴です。

残業代の他に交通費も全額支給されるので、かなり良心的な派遣会社ですよね。

ちなみに、IT業界のマージン率が高いことは以前から問題視されています。単価60万円でエンジニアが常駐しても40%だと36万円(24万円が管理費として徴収される)だけですね。

マージン率が26%だと45万円もエンジニアの手元に残ります。

メリット2:登録するだけでオンライン学習が無料で受け放題

通常の派遣会社は、経験者をターゲットにしています。テクノウェイブ は業界経験が浅いエンジニアでも利用できるように、無料で受講できるオンライン学習を提供しています。

プログラミングだけではなく、語学やマーケティングも学べます。

  • オンライン&生放送ならではの新しい学習体験、チャットで質問ができる
  • 通学は不要で、スマホ端末からでも受講できる
  • 放送を見逃しても、後から録画授業で学べる
  • プログラミング関連は、WEB関連、Java、PHP、Ruby、iOS/Android、MySQL
  • 英語関連は、発音、メール、ビジネス会話、ビデオ通話
  • その他は、マーケケティング、ライティング、データ分析・解析

ここまで充実したオンライン学習は、他の人材紹介会社にはありません。

オンライン学習は就業している期間だけではなく、会員登録した時点で誰でも利用できますエンジニアの市場価値を高めるために、語学やマーケティングも学んでみましょう。

メリット3:福利厚生が充実している

テクノウェイブ は、派遣会社では珍しく福利厚生にも力を入れています。

  1. 派遣スタッフ全員が健康保険、介護保険、厚生年金に加入できる
  2. 6ヶ月勤務すると年次有給休暇が与えられる
  3. 会社負担で年に1回の定期健康診断を受けられる
  4. 保養施設を利用すると、5000円の補助金が得られる
  5. ゴルフ場、キャンプ場、スポーツ施設など会員価格で利用できる
  6. 職場までの交通費が全額支給される

エンジニア専門の派遣会社は、福利厚生を充実させる企業が増えています。

派遣社員が労働者全体の4割を占め定着したことに加えて、IT業界は人材不足に苦しんでいるからですね。労働者不足を解消するために、労働条件を改善する必要があります。

メリット4:営業担当のフォローが少なく使いやすい

参考:https://派遣会社ch.com/rep.php?review_id=4122

エンジニアが多数在籍するテクノウェイブ は、エンジニア視点で対応してくれます。好みの差もありますが、人材紹介会社の営業を煩わしいと感じるエンジニアは多いです。

私も登録会社とは適度な距離がある方が有難いです。

客先常駐で働いていた頃、月に3〜4回の帰社日や頻繁にある社員同士の飲み会、それから営業に干渉されて嫌な思いしていました。営業はこれが自分の仕事だとエンジニアと接しますが、私たちから見たら煩わしいことの方が多いですよね。

悩みを打ち明けた時に具体的な対応を取るなら良いですが、長時間労働で苦しんでいても何かしてくれる訳ではありません。営業と話すことで潰れた時間は、さらに残業でカバーすることになります。

「テクノウェイブ 」利用者の声は?

テクノウェイブ を利用する人は、業界経験が浅いエンジニアが多いです。

テクノウェイブの運営元は システムを開発するIT企業なので、機械的に人材を派遣する紹介会社とは対応が異なります。エンジニアの要望を聞き、エンジニアが望む職場を提供してくれます。

Aさん:経験少ないけどエントリーできる仕事がたくさんある

登録会とかは面倒だったので、とりあえず登録する的なものを選んで登録だけしておきました。で、1ヶ月ぐらいは紹介だけ受けていたんですけど、結構自分にもできそうな仕事があったのでエントリーをしました。他の派遣会社だとまったく紹介されなかったのでここに登録しておいて良かったです。

決まるまでに1ヶ月ぐらいかかっちゃったのは想定外でしたが、担当の人からも色々アドバイスをもらえてよかったです。

まだ働き始めて3ヶ月ぐらいでエンジニアのヘルプの立場なんですけど、かなり勉強にもなりますし、結構残業も多いのでガッツリ稼げています

参考:https://派遣会社ch.com/rep.php?review_id=3850

Bさん:業界経験が浅くても紹介してくれる

他の派遣会社と比べてもヒアリングも丁寧でしたし、「こんな業界どうですか?」みたいに新しく求人が出るたびに連絡をくれました。自分はエンジニアとしての経験がそこまで長くはなかったんですが、経験浅い人向けの仕事も他の派遣会社よりは多いと感じました。

今の営業との接点は更新タイミングの電話だけになりますけど、距離感としては丁度いいですね。

Cさん:残業が少ない案件を紹介してくれた

派遣社員についてとなりますが、残業が少ない派遣先を希望して、お仕事を紹介頂きました。きちんと、残業の少ない現場で、基本、定時で帰っています残業の点については、派遣社員の要望を重視してくれていると感じます。

参考:https://en-hyouban.com

Dさん:リーダークラス以外は残業がない職場

派遣社員はリーダークラス以外ほぼ毎日ノー残業デーという感じ。
仕事量が多くても定時内に終わらせろという雰囲気が強く、かなりハイペースで単純作業をもくもくとさせられる。定時すぎてから一部の人がのんびり仕事をしているのでは?

参考:https://en-hyouban.com/

職場によりますが、残業できないことに不満がある人もいるようです。また、他の意見では時給が1200円と安いことに不満を持っている人もいました。

IT派遣の平均時給は2189円なので、これを大きく下回るのであれば別の派遣会社を利用した方が良いかもしれません。

参考:クリエイティブ系・IT系が過去最高「2189円」(エンジャパン)

「テクノウェイブ 」を利用すべき人は?

テクノウェイブ の特徴を見ていくと、利用すべき人物像が見えてきます。

テクノウェイブ を利用すべき人
  1. 業界経験が浅いけれど、技術志向が強くステップアップしたい人
  2. 良心的なマージン率で、派遣会社の管理費用を低く抑えたい人
  3. 大手派遣会社の事務的な対応ではなく、自分に合う職場を紹介して欲しい

このような人はテクノウェイブ を利用してみましょう。

反対にたくさんの案件の中から出向先を選択したい人は、扱う案件が多い「パーソナルテクノロジースタッフ」を利用する方が良いですね。業界最大手のDODAが運営し、案件数は3800件を超えます。

残業なしで時給2500円以上の高時給で働きたい人は、「ソフトウェアジョブズ」を利用しましょう。「月35〜45万円」のレンジで働くエンジニアが多数在籍しています。

会員登録から勤務開始までの流れ

 

テクノウェイブスは、入力項目が少ないのでスマホからでも簡単に会員登録できます。じっくりと相談できる「来社」、スカイプやラインで気軽に相談できる「ビデオ通話」の2つから選べます。

勤務開始までの流れ
  1. 公式サイトから会員登録する(氏名や住所など1分程度
  2. 会員登録完了後に担当者からメールが送られてくる
  3. 電話で面談を行い希望する条件(仕事内容、給料、残業時間、勤務地)を伝える
  4. 条件にマッチする案件を10〜20社紹介してもらう
  5. 紹介された案件から、双方の合意が取れれば勤務開始

公式サイト:派遣ならテクノウェイブ!LINEで簡単登録 交通費支給 最短1日で仕事紹介

長期雇用で採用する正社員と違い、派遣は条件さえマッチすれば翌月からでも働き始められます。

面倒な転職理由や志望動機を準備する必要はなく、能力やスキルの他に人格や性格、将来性まで期待されないので楽ですよね。お互い合わないと感じれば契約を更新しなければ良いだけです。

IT企業は人材不足に苦しんでいるので、大きな問題がなければ契約を更新してくれます。

まとめ:テクノウェイブ の悪い評判

テクノウェイブ の特徴
  1. IT企業が運営するエンジニア専門の派遣会社で、案件数は420件と少ない
  2. 無料でオンライン学習(プログラミング、マーケティング、語学)が受講できる
  3. 良心的なマージン率26.6%で、交通費や残業代は全額支給される
  4. 派遣会社では珍しく、社会保障(健康保険、介護保険、厚生年金)を完備してる

テクノウェイブ の特徴は経験が浅いエンジニアでも、育てる風土があることですね。

通常の派遣会社とは違い、IT企業が運営しているので柔軟な対応ができる点が魅力です。大手派遣会社の機会的な対応が好きになれない人は、ぜひ利用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です